« ノロウイルスの予防と対策 | トップページ

2013年12月22日 (日)

ラウリル硫酸について

ラウリル硫酸Naって?

ラウリル硫酸って何?

陰イオン性界面活性剤の1つ。 乳化剤や発泡剤、洗浄剤として、日用品では歯磨き粉、シャンプー、髭剃りクリーム、泡風呂、リキッドファンデーションなど、医薬品では薬・サプリメントのカプセルなど、工業用としてはガレージのフロア用洗剤、エンジンの油落とし洗剤、洗車用洗剤などの多く用途に使用されている合成化学物質である。

人体への影響

清掃用洗剤に含まれる他、歯磨き粉やシャンプー、ボディーソープにも使用される。 他のすべての界面活性剤と同じく皮脂を取り除くため、皮膚や眼などに炎症を起こす可能性がある。 特に、眼に入った後は大量の水で洗い流す必要がある。

発癌可能性の論争

1970年代に発癌性が指摘され厚生労働省によって精密な追試が行われたが 発癌性は確認されていない 。 東京都立環境衛生研究所の調査でも毒性は無いとの結論に達している。 また、米国化粧品工業会も化粧品原料評価を行い発癌性を否定しており、インターネットやE-mailで流布される発癌性懸念の噂は虚偽であるとのカナダ健康省や米国癌学会(en:American Cancer Society)の見解を紹介している。 さらに、2007年現在までIARCやNTPの発癌性リストに載ったことは無い。
科学的、医学的な根拠が示されていないにも関わらず、現在においても発癌性が盛んに主張される背景には、天然石鹸を販売する業者が市販の歯磨き粉や洗剤の中に含まれる危険な成分としてこの物質を紹介しているという事情がある。 例えば、情報センター出版局が発行する『危険度チェックブック』には発癌性・アレルギー性のある成分と記されている。

ラウリル硫酸とヘアケア

その洗浄力の高さから髪の毛、頭皮の乾燥を促進させ、痒みが出やすいので敏感肌や乾燥肌の方は注意が必要かもしれません。 洗浄力・単価の安さ・泡立ちの良さから市販のシャンプーの多くに配合されている洗浄剤。

髪の毛の傷みや頭皮のかゆみ等が気になる場合

現在使っているシャンプーの成分表に「ラウレス、ラウリル」の成分が使われているなら一度シャンプーを変えてみ見てはどうでしょうか。 髪の毛・頭皮の乾燥・かゆみ等の原因がシャンプーにあるかもしれません。

同じような成分に

ラウレス硫酸Na、ラウレス-5硫酸Na、ラウリル硫酸TEA、ラウレス硫酸TEAなどがあります。

詳しくはヘアケア選び@wikiを見てください。

リンク

美容室専用シャンプーおすすめの紹介 小説とか本のおすすめとランキングの紹介 京都祇園ヘアーサロンアップ ヘアーサロンアップWEBショップ ヘアケア、スキンケア選びwiki
<ブログ運営中>
fc2ブログ seesaa webry ココログ はてなブログ ライブドアブログ ジュゲム 忍者ブログ エキサイトブログ gooブログ アメーバブログ ヤプログ

« ノロウイルスの予防と対策 | トップページ

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1966095/54344028

この記事へのトラックバック一覧です: ラウリル硫酸について:

« ノロウイルスの予防と対策 | トップページ